2007年09月17日

転職支援情報サイトとは

てんしょく転職支援情報サイトをご訪問してくださりありがとうございます。

この転職支援情報サイトをご訪問してくださったあなたですから、もしかしたら転職を考えていらしゃるのかもしれませんし、もうすぐにでも転職先を探したいというのかもしれません。
もし、転職したいと考えられているあなたなら、雇用の条件がいろいろ厳しいこの現状では、そう簡単には転職に踏み切れるものではありませんよね。転職に踏み切るためにはそれなりの準備と決断が必要になります。

転職(てんしょく)を安易に考えるのは確かにお奨めはできません。人生は苦の連続であり、仕事もまた、つらいことの連続だと思います。ですから、どんな会社に転職したところで、大なり小なりの我慢は必要です。くれぐれも安易な転職はしてはならないと思います。

でも、あなたの勤め先が法に触れるような無茶な労働条件を従業員に強いているような会社だったり、女性で、セクハラ(セクシャルハラスメント)で嫌な思いをしていたり、イジメなどの横行で従業員の人権を平気で踏みにじるようなことがあったりした場合は、別です。泣き寝入りなどする必要はないのかもしれません。そんな時、あなたは、しかるべきところに相談したり、法的措置を取ったり、そして時には転職を考えてもいいかもしれません。
セクハラに関しては外資系の会社の方が考え方が定着しているので、外資系の転職もいいと思います。

転職支援情報サイトはそんな転職と本気で向き合うあなたを応援する転職コンサルタントサイトです。
タグ:転職 支援 情報
posted by 転職王 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職の準備

転職と一言で言うのは簡単ですが、その転職への動機は人それぞれでしょう。今の会社よりもより条件の良い企業から転職の誘いがあったなんてことなら問題はないのですが、現実問題として、そんなことはとても稀なことですね。

ほとんどの場合は、突然のリストラのために、自分から転職し、キャリアアップさせたいというようなものではなく、自分ではどうしようもない転職というのがほとんどなのではないでしょうか?

思いもよらない転職、望まない転職などがあるのが現実です。

もちろん、転職を考える場合は、衝動的な理由によって転職することは避けるべきですが、いつ転職せざるを得ない状況になるかもしれないことを考えて、事前に、転職について考え、資格を取得したり、しっかり貯金をしたり、新しい就職口をある程度考えたりと、それなりの準備を事前にしておいたほうがいいでしょう。
転職には計画性が必要です。間違っても転職の準備もないままに、衝動的に今の勤め先を辞めるようなことはやめましょうね。

もし、突然のリストラによる転職を考える場合であっても、拙速に動かず、これまでどのような仕事をやってきて、どのような経験を積んできたのか、そして今後活かせる・活かしたい経験、あなたの強みは何かをよく考えて、転職先を見つけていきましょう。

あなたは転職に向けての準備、しっかりと出来ていますか?

タグ:転職 準備
posted by 転職王 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職のための履歴書の書き方

転職における履歴書はあなたから人事担当者へのプレゼンテーションの機会でもあります。履歴書の書き方ひとつで印象も大きく変わることがあります。そのことをしっかりと意識して履歴書は書くようにしてくださいね。

これから多くの履歴書を用意しなければならないからといって、惰性で作成するのではなく、転職の際の履歴書の書き方については、ポイントをよくおさえていきたいものです。

履歴書の書き方における基本的な注意点をいくつか挙げておきますね。

1.写真

 写真の服装は、スーツか正装が良いです。髪型や表情、女性は特にメイクに気を配り、さわやかな印象を与えるようにしましょう。

2.住所・連絡先・電話

 現住所は、省略せずに詳しく正確に記入しましょう。ふりがなは、漢字の部分だけ記入しましょう。電話番号は、連絡が確実にとれる携帯電話の番号を優先的に記入しましょう。最近は、E-mailでの連絡が増えているため、メールアドレスも必ず記入しましょう。記入するアドレスは、携帯電話ではなく、PCのメールアドレスが好ましいようです。

3.学歴・職歴

 学歴と職歴は、それぞれまとめて記入します。学校名や会社名などは略さず、正式名称を記入しましょう。(例:×(株)、○株式会社) 小中学校の学歴は卒業のみ、高校以降は、入学と卒業を記入しましょう。最終学歴は、学校名のみではなく学部学科、専攻名も記入しましょう。職歴は、基本的にすべてを記入しますが、学生時代のアルバイトは、一般的に記入する必要はありません。会社名だけでなく、職種や職位、配属先も記入しましょう。具体的な仕事内容は、職務経歴書を添付し、そこに記入しましょう。アルバイトやパートの職歴は、アピールになるのであれば、記入しましょう。派遣社員での職歴は、派遣元の会社と派遣先の会社名を記入しましょう。

4.免許・資格

 免許や資格は、取得した年順に記入しましょう。免許や資格の名称は、略さず、正確に記入しましょう。仕事に直接関係ない趣味などの資格は、アピールしたい場合のみ、記入しましょう。取得中の資格を記入する場合は、「1次合格」のように記入します。

5.志望動機欄

 志望動機は、あなたの入社の意欲を感じさせるために大変重要な項目です。「貴社に興味があるため」などの曖昧な表現ではなく、具体的に、また、オリジナリティを感じさせる言葉で記入しましょう。当然、面接の際、質問される可能性が高いため、あらかじめ質問されることを想定して記入しておきます。

6.特技・趣味等

 特技・趣味等は、仕事以外のあなたのパーソナリティをアピールできる項目なので、できるだけ記入しましょう。特技や趣味は、その項目名だけでなく、理由や実績など、具体的な内容も書くことができるとなおよいでしょう。

7.本人希望欄

 職種や勤務地、勤務時間、入社日等希望があれば、希望理由もあわせて記入しましょう。希望することがなければ、「特になし」と記入します。

8.その他

 記入ミス・記入漏れがないことは基本中の基本です。書いた後は必ずきちんとチェックしてやり、より印象の良い履歴書を作り上げましょう。
posted by 転職王 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 履歴書・職務経歴書の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職のための職務経歴書の書き方

職務経歴書とは、あなたのキャリアをアピールするために欠かせないものです。必ず履歴書と併せて、提出するようにしましょう。
履歴書と違って書式が自由なので、間違った書き方をしてしまえば、印象がガラリと変わってしまいます。
より効果的な書き方を考え、積極的に自分の経歴をアピールしましょう。

職務経歴書の書き方における基本的な注意点をいくつか挙げておきますね。

まず、総論として、他業界・他職種の方でも理解しやすいように、業界用語や一般的でない略語は使用しないようにしてください。

1.経歴概略

 企業の方はまず、経歴概略に目を通します。この概略でご自身の職歴を集約し、効果的にアピールするように記入します。効果的なアピール方法として、「○○の業務知識がある」「◎◎の経験がある」と具体的に記入しましょう。概略内容は、時間軸と在籍企業名、担当職務、培った経験などを盛り込んだものを、5行くらいを目安に記入します。

2.経歴

 会社名は略さず、正式名称を記入します。(例:×(株)、○株式会社) 従業員数と資本金は、その会社の規模を示す数字になりますので、必ず記入しましょう。

3.職歴詳細

 職歴は、その企業で在籍した部署や担当した業務ごとに記入することで、ご自身の業務紹介を整理して表現します。担当業務では、担当した業務内容そのものだけでなく、実績や得た経験も盛り込んで記入します。具体的な数字はもちろんですが、実績を残すための顧客や営業方法、独自の工夫についても記入しましょう。実績数値の書き方として、その数値と達成率だけでなく、増加率や社内での順位など、より具体的に説明できるような補足数値も記入しましょう。マネジメントの経験は、大きなアピールポイントの一つであるため、マネジメントした人数や業務内容、その実績を詳細に記入しましょう。

4.保有資格

 業務やビジネスに関係する資格のみ、記入します。

5.スキル

 仕事のベースとなるパソコンスキルや、専門業務・職種に必要なスキルを記入します。記入方法は、箇条書きに年数を含めて、記入します。

6.自己PR

 自己PRは、ご自身のパーソナリティや志望の熱意を伝えるために大変重要な項目のため、具体的に自分の言葉で記入しましょう。面接のとき、質問される可能性が高いため、あらかじめ質問されることを想定して記入しましょう。内容は、意欲の具体的な中身とその理由を明快に記入します。また自分の能力や仕事に対する姿勢など、ご自身をより積極的に説明する内容を記入しましょう。


最後に、記入する前に、志望する会社や業界についてできるだけ情報を収集しましょう。ホームページや様々な記事、店舗であれば実際に足を運んでみることをお勧めします。
posted by 転職王 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 履歴書・職務経歴書の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。