2007年09月17日

転職のための職務経歴書の書き方

職務経歴書とは、あなたのキャリアをアピールするために欠かせないものです。必ず履歴書と併せて、提出するようにしましょう。
履歴書と違って書式が自由なので、間違った書き方をしてしまえば、印象がガラリと変わってしまいます。
より効果的な書き方を考え、積極的に自分の経歴をアピールしましょう。

職務経歴書の書き方における基本的な注意点をいくつか挙げておきますね。

まず、総論として、他業界・他職種の方でも理解しやすいように、業界用語や一般的でない略語は使用しないようにしてください。

1.経歴概略

 企業の方はまず、経歴概略に目を通します。この概略でご自身の職歴を集約し、効果的にアピールするように記入します。効果的なアピール方法として、「○○の業務知識がある」「◎◎の経験がある」と具体的に記入しましょう。概略内容は、時間軸と在籍企業名、担当職務、培った経験などを盛り込んだものを、5行くらいを目安に記入します。

2.経歴

 会社名は略さず、正式名称を記入します。(例:×(株)、○株式会社) 従業員数と資本金は、その会社の規模を示す数字になりますので、必ず記入しましょう。

3.職歴詳細

 職歴は、その企業で在籍した部署や担当した業務ごとに記入することで、ご自身の業務紹介を整理して表現します。担当業務では、担当した業務内容そのものだけでなく、実績や得た経験も盛り込んで記入します。具体的な数字はもちろんですが、実績を残すための顧客や営業方法、独自の工夫についても記入しましょう。実績数値の書き方として、その数値と達成率だけでなく、増加率や社内での順位など、より具体的に説明できるような補足数値も記入しましょう。マネジメントの経験は、大きなアピールポイントの一つであるため、マネジメントした人数や業務内容、その実績を詳細に記入しましょう。

4.保有資格

 業務やビジネスに関係する資格のみ、記入します。

5.スキル

 仕事のベースとなるパソコンスキルや、専門業務・職種に必要なスキルを記入します。記入方法は、箇条書きに年数を含めて、記入します。

6.自己PR

 自己PRは、ご自身のパーソナリティや志望の熱意を伝えるために大変重要な項目のため、具体的に自分の言葉で記入しましょう。面接のとき、質問される可能性が高いため、あらかじめ質問されることを想定して記入しましょう。内容は、意欲の具体的な中身とその理由を明快に記入します。また自分の能力や仕事に対する姿勢など、ご自身をより積極的に説明する内容を記入しましょう。


最後に、記入する前に、志望する会社や業界についてできるだけ情報を収集しましょう。ホームページや様々な記事、店舗であれば実際に足を運んでみることをお勧めします。
【関連する記事】
posted by 転職王 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 履歴書・職務経歴書の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。